無添加、ペプチド化「味わいだし」で食から始める美容と健康
ペプチドリップ株式会社|山口県山陽小野田市大字鴨庄7ー6

味わいだしを主とした粉末無添加だしの製造・販売を行なっております。
塩・化学調味料・酸化防止剤は一切使用せず、無添加にて製品化可能です。
各種OEMも請け負っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

味わいだし

ホームお知らせ・ブログ ≫ 原材料 ≫

ブログページ

魚の捕獲時期

海
こんにちは。

本日は「味わいだし」の原材料である

「イワシ」「カツオ」についてお話し致します。

イワシ、カツオに限らず、魚を刺身や焼き魚などで食べる際は「旬の時期」。

油がのっている時期に食べるかと思います。
※私は魚を年中食べたいのであまり気にしません。

しかし「味わいだし」を作る際は、「油が少ない時期」に魚を捕獲し

丸ごとエキス化させます。

理由は「酸化」を防ぎ、賞味期限を限界まで伸ばす為です。

エキス化させる工程は、弊社独自の技術

「圧力」「真空」「濾過」の自然現象で行います。

約20年程前に40年の年月をかけ完成させた、当時の最新、最先端の技術、設備で作っております。
(小さな町の小さな工場ですが頑張りました。)

その工程を経て、魚や昆布などの原料は丸々エキス化します。

エキス化させる途中で、油分(脂肪分)を可能な限りは排除致します。

脂肪が含まれると、無添加で作っているので「酸化」を早め、賞味期限が大幅に短くなってしまいます。

皆様の食卓に届くころには賞味期限切れの商品となっている事でしょう。

最終的に油分を取り除くので、脂肪が極力少ない時期に仕入れ、

皆様にお届けしております。
※ちゃんと大人になったお魚さん達を食べてます。子供は海へ返すよ。



本日は魚の捕獲時期についてでした。

何かご質問、ご意見ございましたら、お気軽にコメント、お問合せ下さい。
(お問合せのメールはいただきますが、コメントはまだいただいたことがありません。毎回ちょっとだけ寂しくなります。)
 
2019年06月26日 15:12

国産原料を使ってます

煮物&袋
こんにちは。

味わいだしの原料は皆様ご存じの通り

「イワシ」「カツオ」「昆布」「椎茸」「無臭ニンニク」ですが

これらは全て国産の原料を使用しております。

原産地はどこか?何県産?ニンニク使ってるの?魚が取れなくなってきてるけど大丈夫?

このような質問が個人、法人問わず多々寄せられます。

今回はその質問にお答えしようと思います。


まず原産地

もちろん国産のものを使用しております。

イワシ=長崎県近海
カツオ=鹿児島県近海
昆布=北海道
椎茸=大分県
無臭ニンニク=山口県

上記産地のものを現在は使用しております。

近年、漁獲量が減少傾向にありますが、弊社の場合価格の安いタイミングで大量に購入し

エキス化(ペプチド化)させ、冷凍保存しております。

4、5年程度で無くなってしまう量ではありませんので、ご安心下さい。

また、エキス化する際に、原料の持つ「油分=脂肪」を極限まで取り除いております。

こうする事で酸化しにくく、長期保存を可能としております。



ニンニクつかってるの!?

この質問が特に多いです。

はい。使っております。

といいましても「無臭ニンニク」です。

無臭ニンニクについては以前ブログでも記載しましたが

ジャンボリーキ=大きいネギ。なんです。

ニンニクと形、栄養成分が似ている事から「無臭」ニンニクと呼ばれるようになりました。
※諸説あります。

ですので、ニンニクを使っているといえばつかっていますが、違うといえば違う。

ちょっと難しいですね。

今度また無臭ニンニクについて書いてみます。

怖い事にこのブログを毎日100人近い方々に見ていただいております。


大変驚いているとともに、適当な事は言えないなとしみじみ感じております。

毎日更新していないにも関わらず、見ていただきありがとうございます。

喜びます。
2019年05月31日 14:15

「無臭ニンニク」と「ニンニク」の違い

無臭ニンニク(フリー素材)

こんにちは。

「味わいだし」の試飲会を行っている時、

『「無臭ニンニク」と「ニンニク」は違うのですか』

とよく聞かれる事があります。

結論から言いますと、全く別物です。

本日はニンニクと無臭ニンニクがどう違うのかをご説明させていただきます。

まず「無臭ニンニク」は別名「エレファントガーリック」「ジャンボリーキ」「ジャンボにんにく」と言われております。

普通の「ニンニク」と比べて「無臭ニンニク」の方が約8~10倍程大きく育ちます。

見た目から区別が出来ますね。

ではなぜ「無臭ニンニク」と呼ばれているかですが、

・見た目がニンニクに似ている。

・味が似ている。

からと言われております。※諸説あります。

他の違いですが、「無臭ニンニク」は生で食べても「ニンニク」のような辛味などが無く、口当たりはマイルドで

どちらかというと「ニンニク」よりも「玉ねぎ」に近いと思います。※私が食べた感想です(笑)

次に期待できる効果・効能についてですが

・肥満予防

・免疫力UP

・肝機能の向上

・動脈硬化予防

などが期待出来ると言われております。

これは無臭にんにくに多く含まれている「サポニン」という成分のおかげです。

通常のニンニクには「アリシン」という成分が多く含まれており、

この「アリシン」が臭いの元であり、また、疲労回復や滋養強壮効果を生み出してくれます。

残念ですが、無臭ニンニクにはこの臭いの元である、「アリシン」があまり含まれていない為、

「ニンニク」のような効果はあまり期待できません。

その代わり臭いはほとんど無く、肥満予防、免疫力UP、肝機能向上、動脈硬化予防が期待できるという事です。

まだあまり知名度はありませんが、無臭ニンニクには無臭ニンニクの良さがあるという事ですね。

味わいだしではこの無臭ニンニクを「ペプチド化」し、より素早く、体に負担をかけず吸収出来るよう加工しております。

また、無臭ニンニクだけでなく、「イワシ」「かつお」「昆布」「椎茸」も使用しておりますので、

お湯に溶かして飲むだけで、栄養スープとしてご使用いただけます。

今回は無臭ニンニクについてでしたが、次回以降でその他の原料やペプチドについてもご説明していこうと思います。

 

2018年10月05日 13:11
ペプチドリップ株式会社YouTube
ペプチドリップ株式会社Facebook
ペプチドリップ株式会社インスタグラム
ペプチドリップ株式会社LINE

ショッピングサイト

食から始める美容と健康

ペプチドリップ株式会社

〒757-0005 山口県山陽小野田市
大字鴨庄7-6
TEL:0836-38-8100
FAX:0836-72-0257
繋がりにくい場合は携帯へ
TEL:070-3770-7533
【営業時間】8:00〜17:00
【定休日】土日・祝日
お問い合わせはこちら

モバイルサイト

ペプチドリップ株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら